トオルブログ

記事を通して、一人でも笑顔に

未分類

オーストラリア、ブリスベン留学を経て!留学を考えている人に向けて!!

投稿日:2020年4月3日 更新日:

「ブリスベンに留学するのって実際どうなの?」と疑問を持たれた方、お任せください。一年間ブリスベンに留学していたので丁寧に説明していきます。

本記事では、ブリスベンに留学して良かった点を3点あげています。また、「何か留学に参考になってほしいと思い綴ったこと」や「自分が思う留学とは?」についても書いているので、これから留学を考えている人にも最適な記事です。

日本人にとってオーストラリアに留学するのは人気があり、たくさんの情報を得られやすい状況の中でもこの記事を読んでくださっているのはとても感謝です。できるだけ楽しい記事になっているので最後までお付き合いください( `ー´)ノ

【ブリスベン留学 3点 良かった点を言います】

僕が一年間通っていたShafstonという語学学校

まずは概要をお見せします。

  • 国籍のバランスが良い(南米、ヨーロッパ、アフリカからも)
  • 気候が一年間温暖で雨が降ってもすぐにやむ(傘を持たない人多め)
  • 治安が良い(良くも悪くも夜に公園でバーベキューもたくさんある)

こう見ると意外とあまり変わり映えしない文章が並んでいると思うかもしれませんがしっかり説明します。

【①国籍のバランスが良い】

国籍のバランスが良いと聞くとあまりピンとこないかもしれないが、いろんな国籍の人に出会えるということは、より新しいものに出会える確率が増え、発見があります。(自分が通っていた語学学校ではコロンビア、ブラジル、スイス、タイ、台湾が多かった。正直日本人も。あと季節にも影響します。)

例えば、コロンビアの女の子があいさつの時に僕をハグして、ほっぺにいきなりキスしてくれました。僕はあまりにも舞い上がり、オーストラリアではもてると思っていたが、その女の子に全然ふつうと言われてしまい、ショックを受けた覚えがあります。このように、日本ではありえないことが全然起こりえます。

かなり男性視点のたとえになってしまいましたが僕たちがまだまだ知らないようなことに出会える機会があり、日本の外にでたことで日本のすばらしさに出会うこともあります。いつもの場所に居続けるのもいいですが、一度きりの人生なので勇気をもって、外に出ませんか?

【②気候はなかなかあなどれない】

「よく寒い地域が嫌で、気候が良いのでこの国に留学を決めました」と聞きます。それも大事ですが、気候と人の性格にはつながりがあるのかなと思います。そちらにも着目してみてください。

ブリスベンにいる人、ブリスベンと気候が近い地域の南米の人も多くの人が元気はつらつで陽気です。気候だけでその人はこの性格というのは考えが浅いかもしれませんが、寒くて体を縮こまっている人より、Tシャツ一枚で動き回っている人の方がより陽気になるのは想像しやすいかなと思います。(UVクリーム必須)

【③治安、(BBQについても)】

留学するにおいて治安は大切だと思います。ブリスベンはかなり治安のよい方だと思います。自分の身に何もなかったから言えるのではと言われそうですが、よく公園で夜通し、お酒を飲んでバーベキュー(BBQ)していることもザラにあります。(基本的にオーストラリアの公園ではBBQできる機械が設置されています。)

※オーストラリアのBBQはパンにウインナーソーセージと炒めた玉ねぎをのせてソースをかけて完成です。日本のBBQとかなり違いますね。(笑)

食べ物の話を続けてしまいそうなので、話を戻します。先ほども述べましたが、基本的にブリスベンにいる人は表情豊かで朗らかな人が多く、治安が良いところで留学したいのであれば、ブリスベンも考えに入れてみてくださいね。

【少しでも留学の手助けになれば!!】

~これから留学を考えている人に向けて~

語学学校での勉強も大事であるが、そこは練習試合のような感じです。目標をどこに設定するかにもよりますが、語学学校の中で話すのと現地の人と話すのはかなり違います。語学学校の外にもコミュニティーがあるといいのかなと思います。今だとSNSを使ったり、大学の敷地でのスポーツや図書館のイベントなどやり方はたくさんあります。

とても英語の知識が定着しているなとよく感じた瞬間は授業で間違いを発言して恥ずかしい思いをした時です。分かります。僕も日本人なので授業中など発言しずらいですよね。でも南米の人は間違った発言をしても恥ずかしいと思う概念がないと言ってました。一般的に意外とみんな、人の間違いを気にしていないのでその事実を知るだけでも、次の行動をしやすいと思います。ファイトです(‘ω’)ノ

オーストラリア留学エージェントYAC Agency



【自分が思う留学とは?最後に…】

英語だけでなくたくさんの新しいものに出会う機会。場所が変わり人が変わると、日本では評価されなかったことが評価されたり、自分は言語が変わるとこういう行動ができるのかと自分自身の新たな発見があります。中には「それだけ?」と思う人もいるかもしれませんが、日本の常識しか知らなかった人にとってはこんな世界もあるということを知れるだけで、また違う新たな一歩が踏めると思います。

最後に、よく「一番の思い出は何ですか?」と聞かれます。結果を言うと、言語も文化も違う、また英語なのでなかなか深い話もできなかったのにいろんな人たちに愛されたことです。こんなに幸せなことはないなととても感じました。結局は人とのつながりが一番の思い出になるのかなと。

最後まで読んでくださりありがとうございます。皆さんの留学生活がより良いものになることを願っています。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

チャリ旅をしようと思う人に伝える3つのこと

ママチャリ旅 「チャリ旅をしようと思っていますが、先に経験者から話が聞きたい」という人お任せください。 本記事では、チャリ旅をするにおいて気をつけるべきことを3つ解説しています。 僕のチャリ人生につい …

no image

コロンビアの人達について少しでも知ってもらえたら

「南米について全く知らない」という人に少しでも知ってもらうために日本ではなかなか見かけない出来事をまとめています。 本記事では、コロンビアの人と過ごしてかなり印象的だったことを3つ書いています。 確か …

no image

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。

no image

受験生、一浪をして本当に必要な学習について話します

なかなか勉強に手がつかない人がいると思います。 ましてや興味がない分野を机に座って勉強するのはほとんど拷問を受けているようなものです。 この記事では、一生懸命勉強している人の人生に何か良い変化をもたら …

no image

大学生であった自分は4年間で何を学んだのか?

僕は最近、大学を卒業したのでこの機会に共有できることがあるかなと考えました。大学を離れたからこそ思うこともあります。大学に行っている期間気を付けるべき点を3つあげるのでそれを参考にして今一度考えてほし …